滞納 携帯 止められる

どのくらい滞納すると携帯が止められる?3か月以内に支払いを

スマホが止まるイメージ画像。

 

携帯料金の延滞が2か月近くなると、いつ電話が止まってしまうのか気になりますよね。

 

「いつ止まるか…」と心配しながら過ごすより、催促スケジュールとそれにみあった返済スケジュールを事前に考えておくことは、あなたの「信用」のためにも重要です。

 

1ヶ月の滞納なら、翌月の支払日までに払えれば電話が止められることはないですが、電話が止められてから約1ヶ月ほどで携帯電話自体も解約になってしまいます。

 

これはドコモ、au、ソフトバンクのどのキャリアでもほぼ一緒です。

 

 

通話だけで言えば、1ヶ月分の滞納料金を翌月の3週以降までに払えなければ、2ヶ月目の滞納料金も一緒に支払わないと通話ができるようになりません。

 

 

なんとかして1ヶ月目の料金を用意しよう

スマホの料金のイメージ画像。

 

少しでも通話できる状態をキープしたいなら、2ヶ月目を延滞する前になんとかして1ヶ月目の料金を払っておかないといけません。

 

もし、毎月支払いが遅れても、1ヶ月分までなら通話は止まりません。

 

やむを得ず2ヶ月目も滞納してしまうようなら、3ヶ月目には支払わないと電話が強制解約になってしまいます。

 

強制解約になって料金の未納があれば、料金を全て支払わなければ、新しいケータイも契約が出来ないようになっています。

 

 

他の電話会社に契約に行っても契約できないので、携帯電話を持ち続けたいなら何を差し置いても3か月以内に支払いするようにしましょう。

 

何とか支払えているから…と思ってギリギリで払い続けていると、不慮の出来事があって支払えなくなった時にいきなりケータイが使えなくなってしまいます。

 

 

社会的・金銭的信用がない人

自宅に固定電話がないなら、なおさら携帯電話が解約されると困りますよね。
LINEだけでつながっている友達とかもいませんか?

 

携帯電話が無くなると、電話が出来ないだけでなく、LINEやツイッターなどでしか連絡手段がない人と、連絡が取れなくなってしまいます。

 

それに、電話で連絡がつかないような人になってしまうと、会社の人や友人に「ルーズな人」「社会的・金銭的信用がない人」とみなされてしまいます。

 

 

しかも携帯で端末代金の分割分を支払っているなら、もっと大事な問題がかかわってきます。

 

携帯代金はいまやガスや電気に次ぐくらい重要な生活のインフラです。
止められたり、解約されたりしないよう、なんとかして用立てして支払いましょう。

 

どうしても間に合わないという時は、借りる方法もあります。

 

金額も少なめだったり、早めに返せば金利も少なくてすみますので、どうしても電話が止まりそうな時は計画的に利用してみるのも一つの方法ですね。

 

スマホから即日融資ができるモビットを利用して、携帯代金を支払えば、信用がなくなることがありませんでの、今すぐ悩みが解決します。

 

本人確認や郵送物も家に届かないので、誰にも知られずに安心して利用ができました。

 

≪モビット≫申込〜利用までワンストップ対応!PC・スマホからWEB完結☆点滅のイメージ画像。

 

 

関連記事

携帯代を滞納するとブラックリストにのる?>